アルコールや煙草の関係性

多量の飲酒は薄毛の原因になるそうです。アルコールは程よい量を摂るのであれば血行促進に効果があるので発毛の際に期待できるのでは…?と思うのですが…。

アルコールをたくさん体内に取り込むと肝臓がフル回転を始めます。この時に消費されるのがシステインやメチオニンといったアミノ酸。この二つのアミノ酸は髪を作るときに必要な材料の役目をするたんぱく質です。この2つがアルコール分解に肝臓に持って行かれた場合、髪を構成するための材料がないので髪の毛は作ることができず、薄毛の原因になります。

もちろんこんな場合でも古くなった髪から抜けてはいくので、薄毛に拍車がかかるわけです。「酒は百薬の長」ですが飲みすぎはやはり「毒」ということになります。そして「毒ばかり」なのが煙草です。たばこに含まれるニコチンは発がん性もあり血管収縮作用があることで知られています。血管収縮はその名の通り血流が減少するので血行不良を招きます。

血行不良になると毛母細胞へ運ぶ毛中からの栄養供給が極端に減ります。毛母細胞は髪の毛を形作っています。そのため栄養不足が慢性化すれば髪の毛の形成を止めてしまうことになるのです。育毛剤の中には血管拡張剤も配合するものがあるほど、血行の改善が重要視されています。

血行が良ければ薄毛になることもないわけですね。煙草を吸われている人で髪の毛の状態が変わってきたという方は、育毛剤よりも禁煙からスタートされるほうが、改善の早道になるかもしれませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中