生活習慣とヘアケア②

生活習慣と髪の毛の関係はとても深いことがわかりますね。体の内臓の機能とも同様で体にいいもの・いいことが髪にも肌にも影響することがよくわかりました。たとえば睡眠不足をひとつとっても体の機能が低下しますね。睡眠によって分泌される成長ホルモンは髪の毛の生育に深く関わります。睡眠不足に陥る場合は過度なストレスや内臓の疾患や、仕事や学習による生活のリズムの乱れが関係します。

そのために食欲が減退すれば内臓機能に必要な栄養分にみんな持っていかれて、髪や爪などの末端へ栄養が行き届かなくなることになります。これではいくらお手入れをしていても改善できる限界がありますね。

体のどの部分をとっても栄養分がなくても機能する、維持できるところはないはずですから…。栄養も良質なものをきちんと適量取り入れることが重要です。無理なダイエットをしてサプリメントで補給なんてこともあまり好ましいことではないと思います。きちんとした食事をすることは健康維持になり、果ては美しい肌や髪を維持することになりエイジングケアにつながるわけです。

髪にはレベルの高いたんぱく質や豊富ミネラル成分が効果をもたらします。成長ホルモンを助けて生命の維持のための栄養分をうまく毛母細胞まで運びこまれる体のシステムサイクルが大事ですね。

そして過度のアルコール摂取や喫煙はそれぞれが毛髪の育成に影響します。体にとって取り入れなくいてもいいものかもしれません。薄毛や抜け毛を防ぐ第1歩は自分の生活をまず見渡してみることでしょう。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中