生活習慣とヘアケア

どんなに効果的なシャンプーやヘアケアをしていたとしても、根本的な体の中からの原因が解消されない以上、薄毛や抜け毛の効果は出てこないと思います。最近会った中学生は1時間ほどの会話で髪をいじったりした様子も見受けられなかったのですが、来ている洋服にたくさん切れ毛や抜け毛が付いています。

数週間ぶりの再会だったのですが、急に髪が多く抜けていることにびっくりして何か変化があったのか聞いてみました。彼女によれば定期テストのために学習をしていたら完璧な夜型になっているとのこと。また、就寝が遅くなるために朝ご飯が食べられないでいること、ついつい夕方からお菓子を食べてしまい、太るのが怖くて晩御飯をセーブしていると言っていました。

家族との関係も年ごろからかうまくコミュニケーションを取れずに慢性的にストレスがあることも会話の中で見て取れました。体重が少し落ちてきたとも話していました。体が何らかのストレスを感じていると髪とかお肌に影響しますが、中学生のような思春期真っ只中にも同じことが言えるようです。彼女の場合、ニキビや吹き出物みたいな症状は目立たないのですが、髪に影響が出てきたのではないでしょうか。

普通にシャンプーしてドライヤーで乾かしているようですが、たくさんつけすぎないように…とちゃんとご飯を食べてテストは終わったのだからきちんと睡眠をとるようにとアドバイスしてしまいました。生活リズムが崩れているのは大人だけではないので、髪型に気を使う思春期世代にもこんな悩みが増えているかもしれませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中