髪質の老化

健康な髪は1日に50~100本くらい抜けるそうです。ヘアサイクルという髪の成長周期があって抜ける、生える、伸びるを繰り返していますが、35歳くらいにこの周期が乱れて髪の老化が始まるようです。

これも個人差はあるはずです。髪の老化にはいくつかのパターンと原因があるようです。髪の栄養不足によるハリやコシがなくなっていくやせ髪老化、紫外線・乾燥などによるダメージが引き起こす髪のたんぱく質の低下による薄毛や切れ毛が主なダメージ老化、ヘアケア用品の使い過ぎや髪に負担をかけるスタイリングによる抜け毛や髪のボリューム低下の刺激老化、ホルモンバランスが変化することで髪質が変化するホルモン老化、心身の疲れや悩みなどによる薄毛や抜け毛、白髪などのストレス老化が原因としてあげられます。

いずれも加齢に伴わなくても髪質を低下させてしまう原因になることは間違いないでしょう。いくつかの原因が重なって一気に薄毛や抜け毛が進んだ方や切れ毛や枝毛が進んで髪の成長サイクルを滞らせていくことも大いにあります。

髪の量や色って見た目に年齢を感じさせてしまうところが大きいので、髪の老化を進ませないことは若く見えることに多分に影響するということです。元気な健康的な髪を保っていくためには、その髪の状態と原因をきちんと把握して老化が進まないようにケアをする必要がありますね。生活習慣の見直しも十分なケアの一つになると思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中